ニキビ跡の赤みや敏感肌トラブル改善コスメ│HAPPY肌得コスメ

女性

敏感肌の対策

敏感肌に合う化粧品

手

敏感肌を健全な方向に導く秘訣は、肌の保湿とケアです。敏感肌とは、繊細な乾燥状態の肌のことをいいます。そのため、低刺激の化粧品を有効に使用し、保湿を優先したスキンケアを心掛けることが大切です。そうすることで、肌表面のコンディションが整ってきます。そして肌を保護するバリア機能が癒えるので、敏感な状態から好転していくのです。敏感肌から改善された肌にするためには、なるべくシンプルな成分の化粧水や乳液を選ぶことが重要です。これは、皮膚が複雑な成分のものに鋭敏に反応する特徴があるためです。言い換えれば、使われている成分が多いほど、肌は赤みや炎症を発症する可能性が高まるのです。購入する場合は、成分表示をしっかりチェックすることが大切になります。

気を付けたい化粧品の成分

敏感肌の人は、アルコール成分やビタミンC誘導体が悪影響になる場合があります。ビタミンC誘導体には、たくさんの肌の問題に対して手助けしてくれる力があります。具体的には、肌の炎症を抑制して、皮脂の分泌をコントロールするなどです。ただし、ビタミンC誘導体は、乾燥を加速させたり、肌の刺激に影響する成分でもあります。そのため、敏感肌の人は控えたほうが良い成分です。アルコール成分も配合量や種類によっては刺激を誘発します。そのため利用する際には、パッチテストを実施し、問題がないかをチェックすることが大切です。また、オーガニックコスメは刺激が少ないイメージをもたれています。しかし、精油の種類によっては、敏感肌を刺激するケースがあります。